木のぬくもりがある安らぎと癒しの生活を提案します。

毎日の暮らしに欠かすことの出来ない器。日本はうつわを手に持って食べたり、うつわに直接口を付けて食べる文化のある世界でも珍しい文化を持っています。お皿を置いた状態で食べる国は多くありますが、箸を基本の道具として使いもともと正座をして食事をする文化があったことから手に箸と器を持つ習慣が生まれたそうです。

季節の食材や彩りを加え見ても美しい和の食文化の中で培ってきた日本の噐。近年では洋食も一般家庭にも馴染み、和食・洋食・中華を問わずさまざまな国の料理を取り入れる日本の食文化はこれからも進化し続けるでしょう。

わたしたちは、豊かな食文化と素敵な暮らしに「木の器」を紹介しています。「なぜ木製品にこだわるの?」と思われますが、木は熱を通しにくく熱いものを入れてもやけどをしにくい軽くて安全なもの、口に触れた時も木の柔らかさがしっとりと優しく美味しさを損なわない素材だからです。毎日いつも手に持っても気にならない軽い素材だからで、お子様からお年寄りまで安心して安全にお使いいただけるもの、それこそが「木の器」なのです。

みなさまの毎日の生活や暮らしにオススメできる「木の器」を選りすぐりました。ワンランク上の暮らしのお手伝いができればと願っています。

PAGE TOP